トップページ2006<ぎふ・ご近所打ち水e作戦
 
岐阜市役所から大変ご丁寧な「打ち水大作戦」のご報告をいただきましたので、ここにご紹介します。
岐阜市の打ち水大作戦は「ぎふ・ご近所打ち水e作戦」という作戦名で行われています。
<ごあいさつ>
 市民の誰もが取り組むことのできる身近な温暖化対策として、本年度、岐阜市では中心市街地域の3自治会連合会(金華・京町・明徳)の協力を得て、標題の打ち水事業を実施しました。
ご近所どうしが顔を合わせながら、身近な地下水や雨水を活用した昔懐かしい打ち水の実施やうちわなどを使用することで、岐阜の夏を涼しく過ごし、室内のエアコンの使用を控えることにより、温暖化防止に貢献することを目的としています。
実施後のアンケート調査では、約65%の方から「涼しかった・爽快だった」との感想があり、場所によっては、気温で1℃、路面温度で約8℃もの低下がみられました。
今回の取り組みを通じて、打ち水などが、改めて暑さを凌ぐ有効な手段であることを確認することができました。
地球温暖化対策に特効薬はありません。
これからも暑い夏はまだまだ続きますが、打ち水などで多くの市民の方々に温暖化防止に貢献していただければと考えております。
岐阜市 人・自然共生部 温暖化対策審議監 川島 千日己
 
 ●予測される温暖化対策の効果
400kwhの電力削減により180kg-CO2の削減
(この削減量は広さ270m2に植えられた50年スギ13本分のCO2吸収量に相当)
 
  第1日目のレポートはこちら
  第2日目のレポートはこちら
  第3日目のレポートはこちら
  打ち水の効果検証
  参加者の声はこちら
 

Uchimizu is traditional way to cool down summer heat in japan.Mission uchimizu is today's unique environmental movement.